サイトテンプレートを賢威6.1に更新しました

サイトのテーマを、賢威6.1にしてみました。

これまでは、賢威6の「コーポレート」を使用していましたが、
今回新たにリリースされた賢威6.1がどういう雰囲気か試してみたくて、
パイロット的にこのブログに適用してみました。

ちなみに、このテンプレートはアンケート特典でもらった、
WEBライダー松尾さんのブログに適用されているのと同じものです。

ノリノリで適用したら、RSSフィードが松尾さんのブログになって
めっさ焦りました。

とつぶやいたら、松尾さんに捕捉して頂いて、本日修正版が配布されました。
迅速なご対応ありがとうございました。

賢威6.1の変更点

私が使ってみて気付いた変更点をサラッとご紹介しておきたいと思います。

noindex/nofollow/canonicalの設定が簡単に

投稿画面で、noindex、nofollow、canonicalの設定を行えるようになりました。

keni6seosetting

 

以下、それぞれの設定値の説明です。

  • noindex
    検索エンジンに表示させたくない(インデックスさせたくない)
    ページに使います。
    作成したばかりのサイトのテスト投稿をインデックスさせないようにしたり、
    重複コンテンツの一方をインデックスから削除する、等の使い方が
    考えられますね。
  • nofollow
    ページ内のリンク先をロボットに巡回させたくない時に使います。
  • canonical
    内容の多くが重複しているけれども、サイトとしては必要、
    みたいなページには、このcanonicalを使用して、サイトの中の
    正本がどれかを指定することができます。

サイドバー・サブコンテンツの表示・非表示の変更可能に

カラム数の変更はこれまでも個別の投稿ごとに設定可能でしたが、
それとは別にサイドバー・サブコンテンツの表示・非表示を変更できる
ようになりました。

keni61subcontetscontrol

これで、例えば普段はAdSenseの広告をサイドバーやサブコンテンツに
出しておいて、売りたい商品を紹介するページだけ、これらの
サイドバー・サブコンテンツを表示しない、という操作ができる
ようになりました。

私の他のページを見てもらうと、コメントの下に楽天ウィジェットが
出ていると思いますが、この投稿では消してみました。

アフィリエイトでは、狙ったバナーを踏んでもらうことが大事なので、
CV向上のためにもこういう操作が簡単にできるのは嬉しいです。

フッターの編集が簡単になりました

これまで、テンプレートのfooter.phpを直接編集しなければいけなかった
フッターの修正ですが、ダッシュボードから簡単に編集できるように
なりました。

keni61footeredit

おかげさまで、30歳のまま時を止めていた自己紹介文を、
簡単に31歳にすることができました。

みんなーーー!僕は歳をとったよーーー!(遠い目)

賢威の見栄えについて

バージョンアップとは全然関係ありませんが、賢威はアフィリエイターが
みんな使っていて、見栄えが画一化されてしまうから
サイトアフィリに使いにくいな~とか当初思っていました。

が、パシさんの自動車保険サイトが賢威6と知って、完全に考えを改めました。

アフィリエイト野郎
賢威6.1が登場!canonicalやnoindexの設定が可能に!
↑記事中で、パシさんの賢威サイトが紹介されています。

私のスキル不足でございました。謹んでお詫び申し上げますm(_ _)m

私が賢威を使う理由

さて、これだけ紹介しておいてアレですが、私の個人的な思いとして、
WordPressテンプレートは賢威でなければいけないということは無いと思います。

一番重要なのは、「何を使って書くか」ではなく「何を書くか」だと
思うからです。
コンテンツ(記事、構成等々)を洗練して、CVRを高めなければなりません。

そういった意味では、どんなテンプレートを使うかは大した問題ではなく、
それ以外に努力しなければならない要素が多数あると思います。

しかし、前述のnofollow等を用いたコンテンツの正規化(重複排除)作業は、
一生懸命書いたコンテンツをGoogleに正当に評価してもらう
(マイナス評価を受けない)ために必要なことです。

これらの設定を投稿画面から意識的に行うというのはSEOアフィリエイターとしての
修行にもなるかなと思います。

賢威を使ってコンテンツの正規化の修行をしつつ、
訴求力のあるサイトを作れるようになりたいと思います。

というわけで、相変わらずろくにレビューページも書いていませんが、
引き続き賢威を使っていきたいと思います。

[賢威]

コメントを残す

このページの先頭へ