レスポンシブのランキングが簡単!「クールでかっこいいWordPressテーマ」レビュー

また商材購入ネタで恐縮ですが、案外使っている人が多かったので、気を良くしてレビューしてみます。

クールでかっこいいWordPressテーマ Ver.7&Ver.6特別版」を購入しました。

初めてこのテンプレート名を見た方。私と同じ印象だと思います。
そう。名前が自意識過剰でちょっぴり恥ずかしいのです。

私も、名前が恥ずかしくてかなり足踏みしましたが、背に腹は代えられず購入してしまいました。(←失礼)

というわけで、レビューです。

私はレスポンシブWEBデザインが好きです

私は、テンプレートを選ぶ場合はレスポンシブWEBデザインのものを率先して選ぶようにしています。

これは、WPtouchプラグインの画一的な見た目がイヤだったり、マルチデバイスでの見た目の検証が楽という点を重視してのものです。
(自分自身がスマホ・7インチタブレット・10インチタブレット・PCのマルチデバイスユーザーであるという点が関係しているかもしれません。)

あと、ブラウザのサイズを変えたらニュッと動く感じとかも好きです。
こういうギミック感のあるものに弱いんです。男ってそんなもんなんです。(多分)

しかし、レスポンシブでサイトを作ると、表組の見せ方についていつも悪戦苦闘することになります。
↓こんな風にテーブルが表示から飛び出てしまったりとか。

hyoumikire

上記のサイトは、ここらへんの作り込みから逃げてWPtouchを入れてしまいました。

クールでかっこいいWordPressテーマは、レスポンシブWEBデザインに対応しつつ、ランキングを作ることが可能です。
やりたかったことが色々できるようになるのでは?という思いと、お勉強も兼ねて購入してみました。

さて、早速このテンプレの特徴や、使ってみて気になったことをレビューしてみたいと思います。

クールでかっこいいWordPressテーマの良いところ

レスポンシブWEBデザイン対応

これが理由で購入したので当然ですが、レスポンシブWEBデザイン対応です。

で、今回購入したクールでかっこいいWordPressテーマですが、以下のでもサイトを開いてみて下さい。そして、そのブラウザ幅をぐぐーっと縮めてみて下さい。

見た目が変わるのがわかるはずです。
(全て新しいウィンドウで開きます。)

テーマ7012サンプル
⇒縮めると、2カラムが1カラムになり、さらに縮めると、
横長のランキングが縦長に変わります。
また、ランキング左に位置する画像(アフィリリンク)が、
ブラウザ幅が小さくなるとランキング上部に移動するようになっています。

テーマ7042サンプル
⇒横長のランキングですが、縮めるとそれに応じて表もきれいに縮まっていきます。

テーマ7012比較ランキングサンプル
⇒横長のランキングですが、縮めると横スクロールバーが出現します。
スマートフォンであれば、タッチで横スクロールが可能です。

これらは、ウィジェット(ショートコード)で実装できますが、項目等の細々した変更はサポートサイトにて提供されているパーツソースを書き換えることで変更可能です。
(私は置換文字列にして、簡便に対応できるようにしたパーツを作成しました。)

もちろん、メディアクエリをしっかり理解して表組を作れば、自分でもこういった実装は可能だと思います。

しかし、私の乏しい知識でリファレンス見ながらがんばって実装するより、出来合いのテンプレートを買うのが早い!という結論にしてしまいました。

ここら辺は考え方だと思うのですが、私はコンテンツ作成に時間を充てるために、お金で解決するという方法を取りました。

アフィリで頑張って取り返すからいいんだいっ!(強がり)

 

シンプルなCSS

クールでかっこいいWordPressテーマでは、読み込む外部CSSは「style.css」一つだけです。
そのため、私のような初心者でも、比較的容易にカスタムを行うことができます。

というのも、私が無料テンプレでイチオシのBizvektorは、15ファイルもの外部CSSを使用しています。
(プラグインでデザインを追加している場合はさらに増えます)

Bizvektorでは、目的に合わせてCSSを切り分けているので、しっかり設計を理解している方にはわかりやすいのだと思いますが、私の低スキルっぷりでは、カスタムに失敗する度に、原因を特定するのに苦労しています。
(無料フォーラム等を活用すればいいのですが、何となく敷居が高くてですね・・・。)

という、自分の無能っぷりを棚に上げつつですが、カスタムすべき箇所が容易にわかる「クールでかっこいいWordPressテーマ」は、私にとってそういう点でも使い勝手が良いテンプレートです。

 

Movable Type用のテンプレートもある

最近はWordPressが主流になっている印象がありますが、このテンプレートにはMovable Type用のテンプレートもあります。(私はWordPressのみのものを購入しました。)

Movable Typeをメインに使っている方はもちろん、WordPressと両刀使いの方にも良いのではないかと思います。

ちなみに、WP&MTの両方を購入した場合はちょっと割高になりますので、ご注意下さい。

<クールでかっこいいMT&WordPressテーマ Ver.7 価格>

WordPressのみ 12,800円
MovableTypeのみ 11,800円
WP/MT両方 17,800円

 

クールでかっこいいWordPressテーマのイマイチなところ

手離し大絶賛の記事だとつまらない(?)ので、私が使っていて気になったポイントを挙げていきたいと思います。

文章の装飾が少ない

賢威では、アフィリエイターがすぐに使える多数の装飾がCSSにより用意されていますが、この「クールでかっこいいWordPressテーマ」ではこういった装飾がほとんどありません。

見出しについても、H2・H3までは文字サイズ等が変えてあるものの、H4以降は無装飾です。

あまりにも飾り気が無いので、私は賢威からCSSの装飾を移植して使うことにしました。

ちなみに、今はランキング用パーツの賢威への移植もトライ中です。
(Bizvektorへの移植は諦めました)

こういう作業を繰り返して、スキルが上がるのかなーと思ったりする今日この頃です。

ちなみに、見出しだけをいじりたいという方には、スタイルシート見出しメーカーという好みの色でCSSを吐き出してくれるジェネレーターもありますので、こういったものでデザインをカスタマイズするのも良いのではないでしょうか。

まとめ

クールでかっこいいWordPressテーマは、こういう方におすすめです。

  • レスポンシブWEBデザインでキレイなランキングサイトを作りたい方
  • WordPress・Movable Type共通で使えるテンプレートを探している方
  • 簡単なCSSのカスタムなら自分でやれるよ!という方

今、このテンプレートを使って新規サイトを作成中です。
奥さんも同様にこのテンプレートで1つサイトを作っています。

改造後CSSとAddQuicktagで普通に記事が書けているようなので、しばらくは妻に使ってもらいつつ、使いやすいように修正していこうと思っています。

というわけで、レスポンシブWEBデザインでのランキング作成に辟易していた方におすすめしたいテンプレートです。

(WordPressのみ)
クールでかっこいいWordPressテーマ Ver.7&Ver.6特別版

(Movable Typeのみ)
クールでかっこいいMTテンプレート Ver.7&Ver.6特別版

(Movalbe Type&WordPressセット)
クールでかっこいいMT&WordPressテーマ Ver.7セット&Ver.6特別版セット

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ